忍者ブログ

UniMúsiCa

Unique,Universal,Universe Musics from Latin America,and more.

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CACAPA / ELEFANTES NA RUA NOVA

Cacapa.jpg
● CACAPA / ELEFANTES NA RUA NOVA
久保田麻琴氏監修のコンピレーション「ノルデスチ・アトミコ」のリリースにより日本でも本格的に知られることとなったペルナンブーコの伝統音楽マラカトゥ。なかでもシバ(元メストリ・アンブロージオ)、マシエル・サルー、チネー、アレッサンドラ・レアウなどマラカトゥを現代的な感性でアップデートした音源は近年もっとも衝撃を受けた音楽のひとつです。そんな一連の作品に数多くクレジットされているアーティストがこのカサッパ。ギタリスト/アレンジャー/プロデューサーとしてシーンの要ともいえる活躍を続ける彼が、遂にソロとしての1STアルバムをリリースしたようです。強烈なパーカッション・アンサンブルについては元来定評があり、またそれを伝える音源も紹介されてきたマラカトゥですが、カサッパの視点が面白いのは、打楽器はミニマムにとどめ、弦楽器アンサンブルの美しさにフォーカスしているところでしょう。カイピーラ・ギターも交えつつ複数の弦楽器の残響音が重なり合うようにアンサンブルを構築していく彼のプロデュース作品を聴いたときに、まず連想したのがジョン・フェイヒーでありティナリウェンでした。両者とも録音の妙、そしてギターという楽器の奥深さが作用した結果、フォルクローレ・ミュージックから、ポピュラー・ミュージックへとより普遍的に聴かれるべき強度を獲得した例でしょう。カサッパの音楽も同様に、例えペルナンブーコの音楽を聴いたことがない人でも、哀愁漂うマイナー調のメロディを奏でる弦楽器アンサンブルから土煙が舞い上がるような濃密な空気を感じることができるでしょう。


ELEFANTES NA RUA NOVA - Caçapa (2011) by caçapa

○ Sound cloud of Cacapa
アレッサンドラ・レアウなど彼のプロデュース作品が聴けます。





PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

About

HN:
Eri
HP:
性別:
男性
自己紹介:
ラテン・ブラジル音楽を中心としたワールド・ミュージックのバイヤー。基本的には今まさに聴いている音楽の中から、本気で面白いもの、いいと思ったものを掲載。それと自分が関わっているイベントの告知などもちょっと載せていきます。
【More Profile】
※暫くはこれまで色々なところに書いてきたものを加筆修正してアーカイブ化する作業も並行して行いますので、あしからず。

e-mail: yusukerikawa*gmail.com
*を@に変えて送ってください。

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログ内検索

バーコード

カウンター

Copyright ©  -- UniMúsiCa --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]