忍者ブログ

UniMúsiCa

Unique,Universal,Universe Musics from Latin America,and more.

カテゴリー「BRA>MPB」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CHICO SARAIVA / SARAIVADA

CHICO_SARAIVADA.jpg
● CHICO SARAIVA / SARAIVADA
BISCOITO FINO / BRA / CD / 2,000円(税込)

リオで生まれサンタカタリナ、サンパウロで育ったというギタリスト/作曲家、シコ・サライーヴァの3RDアルバム(2007)。ハファエル・ハベーロやバーデン・パウエルを連想させる大きくゆったりとしたグルーヴと一癖も二癖もあるギターのフレーズ、ブラジルのフォルクローレに根差したアコースティックなリズム、そしてパウロ・セーザル・ピニェイロ、シコ・セーザル、ルイス・タチ、マウロ・アギアールら新旧の優れた作曲家達との共作も多く含む美しい歌詞。ミュージシャンズ・ミュージシャンである点なども含め、フォルクローレを巧みに現代に甦らせる手法は、セルジオ・サントスと同じようなポジションともいえますが、より内省的で聴後に違和感が残るのが特徴でしょう。セルジオが緑と水に溢れた内陸の美しい大地だとすれば、シコ・サライーヴァは雄大で圧倒的な鉱山のように、秘められたエネルギーと表面の無機質感がモノトーンな世界を演出します。

○ このアルバムでは彼が設立したバンド"BARCA"のメンバー達との再会・共演を果たしている。

○ OFFICIAL HP


Gravação do programa Radiola da Tv Cultura em setembro de 2011
マッチ箱で叩き出すリズムも見事。
PR

ADRIANA CALCANHOTTO / MARITMO

adriana calcanhotto_mais perfumado from horto filmes | clara cavour on Vimeo.



adriana calcanhotto_tão chic from horto filmes | clara cavour on Vimeo.


11/2 TOKYO,11/4 OSAKA に来日公演を行うアドリアーナ・カルカニョットの映像。
最新作「O MICROBIO DO SAMBA」に準じた演出です。
東京と大阪でもこんなパフォーマンスが見られそう。あの紙ふぶき役やりたい。


ADRIANA_MARITMO.jpg
● ADRIANA CALCANHOTTO / MARITMO
BRA COLUMBIA / CD / 1,200円(税込)

先日とある事情で1STからまとめて彼女の作品を聴いたのだけれども、あらためてその才能に感服した。上記の映像や最新作のように、気難しく疑義を投げかけるような顔を見せたかと思えば、前回のパルチンピン名義作品のように子供から大人まで楽しめる作品を作ったりする。
両極端のものを違和感なく一つのアルバムに入れ込んでしまう。そんな彼女のポップ・スターとしての才能がもっとも顕著に現れているのが1998年の「MARITMO」でしょう。エルメート・パスコアール、ドリヴァル・カイミ、ペドロ・ルイスらゲストを迎えながらアコースティックとエレクトリック、フォルクローレとコンテンポラリーが実に有機的に結びついている様子は、ポップ・ミュージックのマジックとしか言いようがない。こういうスケールの作品って最近なかなかないですね。昔聴いたときは普通に楽しんでいたけど、久々に聴いてますます彼女のファンになりました。

+ADRIANA_CALCANHOTTO+ 

ADRIANA CALCANHOTTO / PARTIMPIM VOL.2


● ADRIANA CALCANHOTTO / PARTIMPIM VOL.2
SONY BMG / BRA / CD / 2,100円(税込)

11/2,4日に来日公演を行うアドリアーナ・カルカニョットによる子供向け変名=パルチンピン名義の2ND。冒頭のトリオ・エレトリコ風サウンドのフレヴォを聴いて心躍らない人はいないでしょう。前作に続きとにかく楽しいサウンドがいっぱい。ジスモンチの演奏などでも知られるヴィラ・ロボスの"田舎の列車"や、ジョアン・ジルベルトの"ビン・ボン"などが不思議で楽しいパルチンピン・ワールドで躍動します。気難しい印象があるだけに、こういうのを聴くと俄然好きになってしまいますね。

○ PARTIMPIM OFFICIAL SITE ←オモシロイです、一見の価値あり。

DVDも楽しすぎ。


+ADRIANA_CALCANHOTTO+ 

TIAGO PINHEIRO / TIAGO PINHEIRO


● TIAGO PINHEIRO / TIAGO PINHEIRO
DABLIU / BRA / CD / 2,000円(税込)

生ピアノだけではなくシンセも駆使したアンドレー・メーマリ・ワークの最高峰。
ダブリウより2004年リリースの気鋭ヴォーカリスト、チアゴ・ピニェイロの作品。伸びのある声質と、神秘的なサウンドの質感が冴え渡る好作で、男声版モニカ・サルマーゾといった風情を漂わせる。それもそのはず、ピアノでモニカのサポートをするアンドレ・メーマリが参加。カヴァー曲のセレクトも繊細で、"Eu e agua" (カエターノ), "Um gosto de sol" (ミルトン・ナシメント)、また民間伝承をモチーフにするなど、アーティスティックなこだわりも素晴らしい。

○ MY SPACE

+ANDRE_MEHMARI+

About

HN:
Eri
HP:
性別:
男性
自己紹介:
ラテン・ブラジル音楽を中心としたワールド・ミュージックのバイヤー。基本的には今まさに聴いている音楽の中から、本気で面白いもの、いいと思ったものを掲載。それと自分が関わっているイベントの告知などもちょっと載せていきます。
【More Profile】
※暫くはこれまで色々なところに書いてきたものを加筆修正してアーカイブ化する作業も並行して行いますので、あしからず。

e-mail: yusukerikawa*gmail.com
*を@に変えて送ってください。

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログ内検索

バーコード

カウンター

Copyright ©  -- UniMúsiCa --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]